選手プロフィール

KING OF KINGS

KING清水

KING SHIMIZU
  • 2014年10・28神戸からDia.HEARTSの一員となり、現在のリングネームに。12・28福岡でトライアングルゲートを獲得(初タイトル)。2016年2・4後楽園でのDia.HEARTS解散後、2・14博多でMONSTER EXPRESS入り。3・6大阪で初のツインゲート獲得。2017年5・4京都でMaxiMuMの一員に。2018年3・21和歌山で望月のドリームゲートに初挑戦。5・6名古屋ではBIG BENとしてツインゲートを奪取。8・7後楽園でANTIAS(現R・E・D)と合体。11・4大阪に続き、12・23福岡でも失っていたツインゲートに挑戦し、奪還。5・6名古屋ではR・E・Dの代表として金網戦に出場。負け残るも、Eitaらと共謀し、Ben-K追放というバッドエンドをもたらす。7・21神戸ワールドでEitaと組んでツインゲートを奪取した。2020年に入り、Eitaとは誤爆シーンなどでギクシャクする場面も...。会場における嫌われ度ナンバーワンに。9・21大田区では吉野正人、YAMATO、KAI、Eita、B×Bハルクとの金網戦に敗れ、R・E・Dを追放、髪型を角刈りにすることが決定し、デビュー時のリングネームであるリョーツ清水を名乗る事になった。その後、土井、斎了から持ちかけられチーム・ボクを結成。11・3大阪ではトライアングルゲート王座挑戦も、敗北を喫してリョーツ清水のリングネームを没収される。11・5後楽園からはボックR清水を名乗って戦っていたが、連戦連敗。失意の中、入れ替わるように12・2後楽園からボクティモ・ドラゴンとしてウルティモとうり二つのファイト。12・15後楽園では本家から公認も貰い、2021年1・13後楽園では初タッグ、2・5後楽園では初対戦も実現。4・9後楽園ではディアマンテとマスカラ・コントラ・マスカラで激突。試合に敗れ、素顔を晒す際にはNATURAL VIBESにも救出された。以後、そのままのリングネームで素顔でファイトする。4・22神戸でチーム・ボクが解散となるが、リングネームは継続。6・3後楽園では新キャラKING清水でまさかのNATURAL VIBES入りを果たす。
    (2021.06.15update)