選手 & STAFF プロフィール

2016年5・5名古屋でVERSERKを追放されたYAMATOをB×Bハルク、Kzy、ヨースケ♡サンタマリアが救出し、共闘。5・28札幌でユニット名を「TRIBE VANGUARD」と発表する。6・12博多でYAMATOがKING OF GATEを制覇し、7・24神戸ワールドでドリームゲート王座を戴冠。また、7・2京都でフラミータがサプライズ登場を果たし、ユニットに加入。YAMATOが同世代を中心に防衛戦を重ね、2017年2・2後楽園ではハルクとの同門対決によるドリームゲート戦も実現。5・5名古屋の金網戦での同王座戦にもYAMATOとハルクが出場している。9・18大田区でYAMATOが望月に敗れてベルトを失うも、11・3大阪でYAMATO&ハルク&Kzyがトライアングルゲートを奪取。11・28神戸ではOVER GENERATIONとの対戦に勝利し、U-Tを獲得。2018年2・7後楽園でKzyが脱退し、5人体制となった。 (2018.06.01update)
YAMATO
YAMATO
B×Bハルク
B×Bハルク
ヨースケ♡サンタマリア
ヨースケ♡
サンタマリア
フラミータ
フラミータ
U-T
U-T
Kagetora
Kagetora
トップ戦線を走る土井成樹、吉野正人の2人とKotoka、ビッグR清水、Ben-Kら若い選手が集まって2017年5月に誕生。ジミーズとの抗争を経て、夏に開催された「5ユニットサバイバルレース」でも生き残る事に成功。同年11月には香港出身レスラーのジェイソン・リーが新加入し、6人体制となった。12・23福岡ではユニット抗争の象徴と呼ばれるトライアングルゲートのベルトを獲得し、2018年に入ってからも更に勢いを加速させている。その一方で、Kotokaは3・6後楽園で引退した。 (2018.06.01update)
土井成樹
土井成樹
吉野正人
吉野正人
ビッグR清水
ビッグR清水
Ben-K
Ben-K
ジェイソン・リー
ジェイソン・リー
前身は2015年9月に結成されたVERSERK。現メンバーで鷹木とサイバー・コングのみが初期メンバー。T-Hawkは2016年9・25神戸で加入。エル・リンダマンも同年9・29後楽園で正式メンバーとなる。VERSERK時代はMONSTER EXPRESSやジミーズを解散に追い込む。2017年2月に加入したパンチは同年末に追放。3月には問題龍がOVER GENERATIONに引き抜かれる。5・5名古屋ではサイバー・コングが金網戦で負け残り、マスクを脱ぐ。その後は本名で活動。6・11博多でT-HawkがKING OF GATEを制覇し、7・23神戸ワールドではYAMATOのドリームゲートに挑戦。10・5後楽園で神田、11・8後楽園でEitaが加入。12・23福岡ではT-Hawk&Eitaがツインゲートを獲得。2018年に入って新ユニット名をANTIAS(アンチアス)と発表。T-Hawk&Eita&リンダマンの若い3人が中心のユニットとして生まれ変わった。7・5後楽園ではOVER GENERATIONと敗戦ユニット解散マッチで対戦する。 (2018.06.01update)
Eita
Eita
鷹木信悟
鷹木信悟
神田裕之
神田裕之
吉田隆司
吉田隆司
2018年2・7後楽園でKzyが望月成晃のドリームゲートに初挑戦を果たし、敗れた直後にTRIBE VANGUARDからの脱退を表明。大一番への大奮闘に心を打たれた堀口元気&横須賀ススムがKzyのバックアップを宣言し、共闘する事になる。3・6王楽園ではKzy&堀口&ススムがヤングANTIASと対戦も敗北。試合後、パンチ富永、“brother”YASSHIが登場し、Kzy組に加勢。4・6後楽園では大江戸式イリミネーションマッチで再びANTIASと激突し、快勝。試合後、この5人で新ユニットとして始動する事を発表(リーダーはKzy)。5・3京都でユニット名をNATURAL VIBESと発表。ここで入場時のダンスも初披露した。5・6名古屋ではKzy&堀口&ススムでMaxiMuMのトライアングルゲートにも挑戦し、一発奪取。 (2018.06.01update)
Kzy
Kzy
横須賀ススム
横須賀ススム
堀口元気
堀口元気
パンチ富永
パンチ富永
“brother”YASSHI
“brother”YASSHI

レフェリー

リングアナウンサー

STAFF