選手プロフィール

R・E・D唯一の頭脳派

H・Y・O

ヒョウ
  • 本名:渡邉彪
  • 身長:163ccm
  • 体重:72kg
  • 血液型:O型
  • 生年月日:1997年1月4日
  • 出身地:愛知県豊橋市
  • デビュー戦:2016年8月14日@兵庫・神戸サンボーホール、vs CIMA&山村武寛&石田凱士 (パートナーは吉野正人&T-Hawk)
  • 得意技:パンサークラッチ、オルファ、サーブル
  • テーマ曲:「FIRE FIRE」(KiNGONS)
  • blog:「panther」
  • twitter:@watanabehyo14
  • Instagram:@watanabehyo.dg/
  • 団体の本拠地・神戸でデビュー。9・22大田区でビッグマッチ初出場。11・10後楽園からコスチュー ムをヒョウ柄に変えてファイト。2017年8・8後楽園からフジイ部屋の一員になるも、1ヶ月後の9・5 後楽園でフジイに丸坊主と同じコスチュームを強要されて拒否。2018年7・5後楽園で望月にユニット結成をアピールし、8・7後楽園では若手3人で望月とハンデ戦。ユニット結成は認められずも、望月道場が結成され、望月を師範と呼んで活動。2019年1月の若手トーナメントでは1回戦で吉岡との同門対決に敗北。奥田が望月道場入りしてからギクシャクが続き、決着の舞台として用意された10・8後楽園での3WAY(もう一人は石田)で試合をブチ壊した挙句、R・E・D入りを選択。10・12京都よりワタナベヒョウからH・Y・Oに改名。12・15福岡では R・E・Dメンバーとしてトライアングルゲート初獲得。2020年11・15神戸ワールドでのバトルロイヤルを難なく制し、リング上に関する希望を一つ叶える権利を獲得した。その権利を闘龍門との解散マッチに繋げ、12・20福岡で解散に追い込む。現在もふてぶてしいファイトで自分を貫き、2021年に入ると連勝街道を驀進。「俺は年始から生まれ変わった。いつどこで誰を標的にするかわかんねえぞ。普段から全員気をつけとけ」とも予告。3・6大阪で奥田の持つブレイブゲート王座に初挑戦。菊田の負傷により、リザーバーとして出場したKING OF GATEでは両者リングアウトを狙った戦法でリーグ戦を掻き回す等、持ち味を発揮。“R・E・D唯一の頭脳派”なるニックネームも生まれた。
    (2021.06.01update)