「由樹くんが巻いていたベルトをPODに持って帰る」 第5代Krushバンタム級王者・佐々木 洵樹の挑戦!

  • #格闘技

K-1 JAPAN GROUP

posted2022年2月8日 16時06分

1126views

(C)K-1/第5代Krushバンタム級王者・佐々木 洵樹

2月27日(日)東京体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~」の[K-1 WORLD GP第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・一回戦(4)/3分3R・延長1R]で内田晶と対戦する佐々木洵樹のインタビューを公開! 


――第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメントの出場が決まりました。今率直にどんな心境ですか? 
「前回の試合から辞める辞めないでかなり悩んだのですが(格闘技を)離れている間に、なぜ格闘技を始めたのかを自分に問いかけて学生の頃の色んな卒業文集とかを見たら、全部にK-1チャンピオンになると書いてあって、こんなに想い入れがあったんだなと改めて思って、この話をいただきました。やり残したことをしっかりやって、練習もしっかり積んで、やることをやるだけです。今まで格闘技をやってきて一番モチベーションが高いです」


――昨年5月のK-1横浜武道館大会の試合後に進退について言及する部分がありました。 
「あの時は自分の思った試合もできなかったし、コロナのこともあって今まで応援してくれた人たちにも申し訳なく思ってしまって。変なところで僕の真面目な部分が出て、勝手に自分を追い込んでいた感じでした。でも今はもう吹っ切れて、すごく楽しいです」


――佐々木選手を含む玖村将史・金子晃大・璃明武の4選手がK-1スーパー・バンタム級四天王と扱われることをどう思っていますか?
「悪い気はしないですけど、今までは四天王とか持ち上げられても『いやあ…』とか思っていたんですけど、最近はマインドコントロールが出来て、だったら四天王でやってチャンピオンになって、出来るんだなってなんとなく自分で出来ているんで、僕は悪い気はしないです」


――1回戦で対戦する内田選手にはどんな印象を持っていますか?
「内田選手が相手に決まった時、会長がもうその場で対策を言ってくれました。試合を見ても懐が深くて待ちのスタイルでやってもカウンターを合わせられるし、前にも中盤・終盤から出られるし、弱点というかしっかり対策はしていきたいと思っているんで、そういう感じです」


――準決勝・決勝の勝ち上がりはどう予想していますか?
「予想とは違うんですけど、玖村選手が『他の選手は眼中にない』と言っていて、こんな感情になるのは初めてですけど、玖村くんとやる時は怒りの感情が出るかなって思ってます」


――今まで相手に怒りを抱くことはなかったですか?
「試合に対して“この野郎”みたいのはありましたけど、選手に対して出るっていうのはないですね。会見をやる前は金子くんのことを意識していて、実は帝拳ジム時代に金子くんに会ったことがあって、礼儀もなってないし“いつかやってやろう”っていう気持ちがあったんですよ(苦笑)。今はその気持ちが玖村くんに行ってるのかなと思います」


――ちなみに玖村選手は圧勝での優勝を宣言していますが、佐々木選手の心境としては「何を言ってるんだ?」と。
「そうですね。彼の言ってる通りにはいかないぞというのは思います。そういう熱い気持ちで試合できるのは初めてで、今までになかった熱い気持ちがフツフツと沸いてきて、試合が楽しみですね」


――K-1のベルトにはどんな想いがありますか?
「K-1のベルトには自分にとって凄く想い入れがあるし、獲りたいという気持ちは凄く強いし、元ジムメイトの由樹くんが巻いていたベルトです。自分の後輩でしたが、人として尊敬しているので由樹くんが巻いていたベルトをPODに持って帰りたい気持ちはあります」


――K-1スーパー・バンタム級のベルトは武尊・武居由樹というK-1を代表する選手たちが巻いてきたベルトですが、そこは意識していますか?
「もちろん武尊選手、武居選手は偉大なチャンピオンで、この間練習している時も由樹くんに『武尊、武居、佐々木でお願いします』って言われたんですけど、僕は『なんか弱いっすねえ…』っていう話をしてたんですよ。でもここでベルトを獲って、これから武尊、武居、佐々木になれるように、まだ弱いっすけど頑張ります」


――それでは最後にファンのみなさんにメッセージをお願いします。
「本当に今までやってきたことを全部出そうっていう気持ちと、メンタルの面も最近自分でコントロールできるようになってきました。こんなにメンタルが弱くても勝てるんだよというところをみんなに伝えたいです」 



東京体育館に2月27日(日)に開催される「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN」、GAORA SPORTSでは、3月1日午後5時から放送!!
※大会は都合により変更・延期・中止となる場合があります。