K-1年間最大のビックマッチ「K'FESTA.5」!K-1誕生の地で開催!

  • #格闘技
  • #記者会見

K-1 JAPAN GROUP

posted2022年2月10日 9時25分

798views

(C)K-1

2月9日(水)都内にて記者会見が行われ、中村拓己K-1プロデューサーが出席。4月3日(日)に東京・国立代々木競技場第1体育館にて、「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~K’FESTA.5」の開催を発表した。

 K-1が年に一度開催している年間最大のビッグマッチ「K’FESTA」。2022年は国立代々木競技場第一体育館での開催となった。

 代々木第一は1993年4月30日にK-1が旗揚げした会場で、中村プロデューサー曰く「K-1 JAPAN GROUPとして代々木第一で大会をやることは一つの目標だった」。

 昨年1月にも代々木第一で「K'FESTA」を開催予定だったが、その時はコロナの影響で延期。その後も代々木第一の会場スケジュールは常に確認しており、中村プロデューサーは「4月3日に代々木第一のスケジュールOKだったので、4月3日に代々木第一で『K'FESTA.5』の開催を決定しました。代々木第一はK-1にとって旗揚げの地であり、K-1MAXでもたくさんの名勝負が生まれたK-1にとって聖地と言える場所。そこで大会ができることがうれしいです」と喜びを語っている。

 なお中村プロデューサーは「当初今大会も外国人選手を招聘してのマッチメークを考えていたが、水際対策の延長など外国人選手の招聘は困難と判断。今大会も日本人と日本在住の選手を中心に試合を組んでいきたい」としている。

■「K'FESTA.5」4.3(日)代々木 K-1誕生の場所で無差別級トーナメント開催!京太郎、石井慧、K-Jee、サッタリ、ANIMAL☆KOJI、谷川聖哉、実方宏介、坂本英則が激突

 2月9日(水)都内にて、4月3日(日)に東京・国立代々木競技場第一体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~K’FESTA.5~」の第一弾対戦カード発表記者会見が行なわれた。

 今大会では8選手参加による[K-1 WORLD GP 2022 K-1無差別級トーナメント]の開催が決まった。会見に出席した中村拓己K-1プロデューサーはトーナメント開催の経緯を以下のように説明した。

「K-1の歴史は1993年4月に国立代々木競技場第一体育館でブランコ・シカティックが優勝した無差別級トーナメントから始まりました。K-1 JAPAN GROUPでは軽量級の選手にスポットライトを当て、軽量級中心に盛り上がってきましたが、やはりK-1の原点は重量級の倒し合いであり、超人たちの戦い。今後も軽量級を盛り上げていきますが、K-1が代々木第一に戻ってきたということで無差別級トーナメントを開催させていただきます」

 トーナメントには実績的に優勝候補となる京太郎、北京五輪柔道金メダリスト・石井慧をはじめ、K-1 JAPAN GROUPの重量級を牽引してきたK-Jee、現在Krushクルーザー級王者のマハムード・サッタリら8選手が参戦。以下の組み合わせが発表された。

一回戦(1):ANIMAL☆KOJIVS谷川聖哉
一回戦(2):石井慧VS実方宏介
一回戦(3):京太郎VS坂本英則
一回戦(4):K-Jee VSマハムード・サッタリ

準決勝(1):一回戦(1)勝者vs一回戦(2)勝者
準決勝(2):一回戦(3)勝者vs一回戦(4)勝者

決勝:準決勝(1)勝者vs準決勝(2)勝者

 会見欠席となった石井以外の7選手が登壇すると、中村プロデューサーは「「K-1 JAPAN GROUPの重量級はヘビー級からスタートして、90kg以下のクルーザー級を新設。昨年は京太郎選手がボクシングからK-1に戻り、石井選手もK-1に参戦し、100kg以下のヘビー級と100kg以上のスーパー・ヘビー級も作りました。グループ全体として近年、重量級が盛り上がってきているのを感じ、選手層も厚くなってきて、無差別級トーナメントをやるとしたらここだな』と思って決めました。K-1は競技化されて、細かく階級も分かれているんですが、戦いの原点はデカくて強いヤツらが殴り合って誰が一番か決める。それもK-1の魅力だと思ってます。そういった戦いをここにいる選手にはぜひ見せてほしいと思います」と大きな期待を寄せた。

(なお中村プロデューサーは『トーナメントはベルトなどかけずに優勝を争うものになります。また、K-1クルーザー級チャンピオンのシナ・カリミアン選手は現在イランに帰国していて、試合の準備が間に合わないため、今回のトーナメント参戦は見送りになります』と説明)

「K’FESTA」の舞台で着実にステップアップしてきた谷川は、「絶対に優勝して、自分が重量級の新エースになりたい」と、さらなる飛躍を力強く表明。その谷川と1回戦で激突するANIMALは“野獣ファイト”を誓い、自身が柔道出身であることを踏まえ「石井選手は同じ柔道の神様みたいな存在の人なので、試合してみたいなと思います」と意気込んだ。

 石井はVTRメッセージで「自分の目標である京太郎選手と戦うために、必死でがんばっていきます。みなさんに応援してくださいとは言いません。みなさんから応援してもらえるような行動と姿勢を取っていきたいと思います」と静かに闘志を燃やすと、対する実方は「石井選手は京太郎選手にずっとアピールしてるので、一回戦で僕がぶっ倒して、準決勝、決勝と勝ち上がって最高なかたちで優勝したいと思います」と力強く宣言。

 優勝候補と目される京太郎はいつものようにマイペースにコメントを発し、石井に関する質問に対しても「僕はワンマッチでやると思ってたんですけど、トーナメントということで。決勝戦まで行かないから、僕、二回戦くらいでと思ったんですけど(笑)。決勝まできついんじゃないですかね、お互いに。どっちかが、はい」と煙に巻くようなコメントを残した。その京太郎にK-1初参戦で対峙する坂本は「誰も知らない中、僕が優勝できたら目立てると思ってる」と番狂わせをアピール。

 そして一回戦屈指の注目カードとなるのがK-Jee vsサッタリ。K-Jeeは「K’FESTAで主役になれるということはとてもワクワクしています。今年こそ、重量級の年にしたい。観てる人の心、魂に響くような試合をしていきたい」と、重量級のエースらしく宣言。対するサッタリも「(K-Jee)元K-1チャンピオンで、とても強くてすばらしい選手だと思う。この試合もそうだが、すべてをつぎ込んでこのトーナメントに勝つ」と、Krush現王者の意地を感じさせるコメントを残した。

 以下は中村プロデューサーの各試合の見どころ、トーナメント出場8選手のコメント。

谷川聖哉
「自分、K-1のデビュー戦が2年前の『K’FESTA.3』のプレミナリーファイトで、去年の『K’FESTA.4』で本戦に出場することができて、『K’FESTA.5』でこうしてメインとなるトーナメントに参加させていただきます。順調に階段を上りつつあるんですけど、ここで全員しっかり倒せば、日本人最強の称号は絶対に手に入ると思うので、絶対に優勝して、自分が重量級の新エースになりたいと思います。(一回戦の対戦相手の印象は?)豪快に見えてけっこう緻密で、しっかり戦略を練ってくるかただと思ってます。

(勝ち上がった場合に準決勝や決勝で戦いたい相手は?)これから先、無差別で戦っていけるということを証明したいので、石井選手と京太郎さんとも戦いたいですし、サッタリ選手も二回負けてるので。(このトーナメントを通して、どんな戦いをファンに見せたい?)日本を代表して外国人選手と戦っていける、相手の攻撃をもらわずに自分の攻撃だけ当てて倒すのを見せたいと思います。(試合に臨むベストな体重は?)ふだん、104~105kgなので、99~100くらいで試合したいと思ってます」

ANIMAL☆KOJI
「好きなバナナは食べ物です、ANIMAL☆KOJIです。4月3日の無差別級トーナメント、しっかり12月の復讐も兼ねて、しっかり準備して優勝します。応援よろしくお願いします。
(一回戦の対戦相手の印象は?)しっかり空手持込みでバランスの取れた重量級の選手っていうイメージですね。(勝ち上がった場合に準決勝や決勝で戦いたい相手は?)戦いたい選手は強いて言うなら、石井選手とは同じ柔道の神様みたいな存在の人なので、試合してみたいなと思います。(このトーナメントを通して、どんな戦いをファンに見せたい?)僕はテクニックは軽量級選手のほうが早いし、いいと思うので、僕は僕らしく野獣ファイトでアグレッシヴに戦いたいと思います。(試合に臨むベストな体重は?)通常は90kgくらいなんで、いっぱいご飯食べて、いっぱいトレーニングして95kgくらいにできたらいいなと思ってますね」

中村プロデューサー
「ANIMAL選手はクルーザー級でこれまでRUI選手と愛鷹亮選手を下して、昨年12月にはサッタリ選手の持つKrush王座にも挑戦。以前から石井選手との対戦も希望するなど無差別級での戦いに興味を持ってるということで、今回トーナメント出場が決まりました。谷川選手も同じくクルーザー級戦線で活躍。もともと空手家で『自分より大きい外国人選手を倒したい』と話していて、いよいよトーナメントで無差別級の戦いに挑むことに。ANIMAL選手はステップやカウンターのうまい選手で、谷川選手は空手仕込みの蹴り技がうまい。いい意味で重量級らしくない、スピードやテクニックをこの二人には見せてほしいと思います」

実方宏介
「今回、こんなすばらしい大会に参戦できて本当に光栄です。石井選手はずっとロード・トゥ・京太郎、京太郎選手にずっとアピールしてるので、一回戦で僕がぶっ倒して、準決勝、決勝と勝ち上がって最高なかたちで優勝したいと思います。応援よろしくお願いします。(一回戦の対戦相手の印象は?)岩みたいな、フィジカルモンスターですね。(勝ち上がった場合に準決勝や決勝で戦いたい相手は?)去年、京太郎選手に負けてるので、決勝で再戦できればと思ってます。

(このトーナメントを通して、どんな戦いをファンに見せたい?)テクニックはANIMAL選手が言ったんですけど、軽量級の選手のほうができるんで、一発で仕留める重量級らしい試合をしたいと思ってます。(試合に臨むベストな体重は?)120~123kgなんで、115kgくらいまで落として、動きやすくしたいと思ってます」

石井慧  ※会見欠席のためVTRメッセージ
「石井慧です。今回『K’FESTA.5』、並びに無差別級トーナメントに出させていただくことになり、とても楽しみにしています。当初はもう1試合勝って、ヘビー級トーナメントに打診してみようかなと思ったんですけれども、中村プロデューサーのほうからそういうオファーをいただき、すごく感謝してると共に興奮しています。試合に向けて練習を積んでこのトーナメント、勝ちたいと思います。トーナメントに向けて、10R、やる気マンマンで準備しています。

 今回のトーナメントは前回の試合よりも20%、成長した姿と、さらに頭を使って勝つ姿をみなさまに見せられればなと思います。そして自分の目標である京太郎選手と戦うために、必死でがんばっていきます。みなさんに応援してくださいとは言いません。みなさんから応援してもらえるような行動と姿勢を取っていきたいと思います。がんばります、ありがとうございます」

中村プロデューサー
「石井選手は昨年からK-1に参戦し2戦して2連勝。試合を重ねるなかでどんどんK-1ルールに適応している。じつは石井選手もK-1参戦するときに無差別級のトーナメントをやってほしいというリクエストもあり、いよいよ実現しエントリーすることになりました。また、石井選手は京太郎選手と対戦をずっと熱望していて、それが実現するかどうかも注目してもらいたいと思います。実方選手は昨年からK-1に参戦し、7月のK-1福岡大会で、左ハイキック一発で見事KOした試合はK-1 AWARDSのベストKO賞にもノミネートされた。実方選手も石井選手との対戦を熱烈にアピールしていたので、トーナメント一回戦で組まれることになりました。石井選手はパンチャーの愛鷹選手、ヒザ蹴りのRUI選手とやってきて、次はムエタイの実方選手とやるというところでも楽しみ。また石井選手よりも実方選手の方が体重が重いので、石井選手が自分よりもデカい実方選手と戦うというところでも、無差別級らしい試合になったと思います」

坂本英則
「初参戦、K-1させてもらうんですけど、こんな大きい大会に呼んでいただいて、意味のあるトーナメントということで。誰も知らない中、僕が優勝できたら目立てると思っているので応援よろしくお願いします。(一回戦の対戦相手の印象は?)メチャメチャ強い有名人だと思ってます。(勝ち上がった場合に準決勝や決勝で戦いたい相手は?)僕、全然無名でみんな有名人なので、誰とやれてもうれしいです

(このトーナメントを通して、どんな戦いをファンに見せたい?)動けるデブがアピールできたらいいかなと思ってます。(試合に臨むベストな体重は?)あんまり気にしたことないんですけど、だいたい120kgくらいで出れればなと思ってます」

京太郎
「前回の記者会見から日にちが浅いということで。なぜこんなに記者会見を二回もするのかという疑問に駆られて来ましたけど。なぜ二年連続、試合が延期になるのか、それが気になっております。そこが一番厳しい。あとトーナメントも厳しいです、がんばります(一回戦の対戦相手の印象は?)ちょっと前回何を言ったか覚えてないですけど、まあでも、若い選手にがんばっていただきたい。そう思います。

(勝ち上がった場合に準決勝や決勝で戦いたい相手は?)その質問聞くだけで気が重いんですけど、僕は誰とも基本的にやりたくないので。考えるだけでおそろしい、以上です。
(このトーナメントを通して、どんな戦いをファンに見せたい?)べつに僕はもう、逃げたとしても最悪反則ギリギリでも勝てればいいかなと思うんですけど。とりあえずそれがお金につながればいいかなと思います。

(VTRで石井選手から決勝で戦いたいとラブコールがあったが?)言ってくれてるみたいですけどね。石井選手からしたらこの新しい世界に来て、僕とやること自体、たぶんプラスになるというか、得しかないと思うので。たぶん、うまく頭使っていろいろ発言してると思うんですけど。僕はワンマッチでやると思ってたんですけど、トーナメントということで。決勝戦まで行かないから、僕、二回戦くらいでと思ったんですけど(笑)。決勝まできついんじゃないですかね、お互いに。どっちかが、はい。

(試合に臨むベストな体重は?)昔からずっと、どの試合もどの競技も変わらないんですけど、たぶん100ちょいちょいくらい、前後ちょっと超えるくらいあたりかなと」

中村プロデューサー
「京太郎選手と坂本選手については当初2月の東京体育館大会で実施する予定でしたが、今回トーナメントを行なうにあたり、一回戦にカードがスライドするかたちで行なわせていただきます。京太郎選手はK-1に復帰して、今回が初のトーナメント。これまでのK-1での実績を考えれば京太郎選手が優勝候補になると思う。坂本選手は重量級の選手として2本の国内タイトルを獲得し、実方選手にも二回勝ってる選手。もともとスーパーファイトで京太郎戦が決まったときも『自分の名前を知ってもらうチャンス』だと番狂わせに燃えていた。スーパーファイトよりも注目が集まる舞台になったと思うので、トーナメントの台風の目になるのかどうか、そういったところが求められる出場になったと思います」

K-Jee
「K’FESTAで主役になれるということはとてもワクワクしています。今年こそ、重量級の年にしたいと思っていて。もっとみんなに重量級を評価してもらえるように、楽しんでもらえるようにがんばっていきたいなと思ってるところでこういうオファーをいただいて。K’FESTA.で重量級の魅力を伝えることが楽しみです、ワクワクしてます。最高の一日になるよう、精一杯がんばっていきたいと思っています、よろしくお願いします。

(一回戦の対戦相手の印象は?)スピードもパワーもちゃんとした技術もあって、いま一番勢いのある選手だと思ってます。(勝ち上がった場合に準決勝や決勝で戦いたい相手は?)ほかの7人、誰とも試合したことないんで、誰とやっても楽しみなんですけど、やっぱりK-1で実績のある京太郎選手と、去年ちょっと裏切っちゃった谷川とは試合したいかなと思ってます。

(このトーナメントを通して、どんな戦いをファンに見せたい?)技術とかスピードとかパワーとかっていうよりは、観てる人の心、魂に響くような試合をしていきたいと思います。(試合に臨むベストな体重は?)みんなデカいんで、120kgくらいでいこうかなと(笑)」

マハムード・サッタリ
「今回、このようなすばらしいトーナメントに参加することができてとても興奮している。自分は常々どれだけのことができるのか、常にチャレンジしたいと思っているので、こういったトーナメントで戦えることを本当にうれしく思う。厳しいトレーニングを積んでしっかり勝ちたい。そのためにはみなさんの応援が必要ですので、どうぞよろしくお願いします。

(一回戦の対戦相手の印象は?)元K-1チャンピオンで、とても強くてすばらしい選手だと思う。この試合もそうですが、すべてをつぎ込んでこのトーナメントに勝つつもりでいきたい。(勝ち上がった場合に準決勝や決勝で戦いたい相手は?)誰が勝ち上がってくるかわからないが、トーナメントの選手すべてが強いのは間違いない。自分にできることは、自分の最高のパフォーマンスを見せて、みなさんに楽しんでもらえる試合をして、この試合に勝つことだと思う。

(このトーナメントを通して、どんな戦いをファンに見せたい?)試合によって自分のファイトスタイルは変わるので、こういうものを見せたいというのは一概には難しいが、やはりファンのみなさんが求めているようなエキサイティングな試合をお見せしたい。そのためにこれから厳しいトレーニングを積んでいきたい。(試合に臨むベストな体重は?)体重を増やすのは簡単なことではないし、できるだけ努力して増やしたいと思うが、自分にとってそこまで大きな問題じゃないと思う」

中村プロデューサー
「K-Jee選手はK-1とKrushでクルーザー級のタイトルも獲って、いまのK-1の重量級をずっとけん引してきた選手。K-Jee選手もずっとK-1の重量級を盛り上げたいという想いで試合をやってきて、トーナメントをいつかやりたいという話も聞いていました。現K-1の重量級エースが無差別級トーナメントに出場するかたちになったと思います。サッタリ選手はK-1 JAPAN GROUPに参戦し、5戦5勝5KOという結果を残し、現在Krushクルーザー級王者に君臨。K-1 AWARDSでもベストKO賞に選ばれるくらい衝撃的なKO勝利を連発してきたファイター。クルーザー級で小柄な選手になるが、サッタリ選手の攻撃力が無差別級でも通用するのか、見たいファンのかたも多いと思います。サッタリ選手はここまで日本人選手をどんどん倒してきて、K-Jeeが最後の砦じゃないですが、見所のあるカードになったと思います。かつてK-1では小柄なアンディ・フグ選手が無差別級の相手に立ち向かっていく姿にファンのみなさんは感情移入して見ていたと思いますが、サッタリ選手も令和のアンディ・フグになる可能性を持っていると思います」

 そしてトーナメントのリザーブファイトとして、加藤久輝と愛鷹亮の対決が決定した。

 両者ともK-1重量級を沸かせるハードパンチの持ち主ながら、加藤は3連敗、愛鷹は4連敗と苦戦が続いている。リザーブファイトとして組まれた一戦でありながら、サバイバルマッチの様相も呈しているこの一戦となった。

加藤久輝
「West A代表の加藤久輝です。初めてWest A代表というのは新鮮な感じでいいですね。去年また負けちゃって、その後自分のジムをオープンしてしばらく試合をしていなかったんですけど、今回は初めて自分のジムの所属選手としてしっかり勝ちたいと思っています。

(対戦相手の印象は?)スーパー僧帽筋・愛鷹って感じですね。すごい力があると思います。(本戦のトーナメントがあるなかで、どんな試合をしてどんな勝ち方を見せたいか)
確かにふたりともワンパンチはあるので、タイミング良く当てればしっかり倒せると思うので、倒しに行きたいと思います」

愛鷹亮
「加藤選手とリザーブファイトということなんですけど、去年の自分の出した結果でリザーブファイトというのは、本当に不甲斐ない。悔しい気持ちでいっぱいですけど、またこうやってK-1のリングに呼んでもらってありがたく思っています。(対戦相手の印象は?)サウスポーで一発が大きくて倒す選手だと思っています。

(本戦のトーナメントがあるなかで、どんな試合をしてどんな勝ち方を見せたいか)
今回リザーブファイトという形なんですけど、自分の中では加藤選手とのスーパーファイトだと思っています。トーナメントのついでという位置づけで戦うつもりは全くないので、本戦の選手に絶対負けない熱い試合をして、本戦に次に出られるような選手になれるように、ここで這い上がりたいと思っています」

■「K'FESTA.5」4.3(日)代々木 K-1の歴史を創ってきた男たちの世紀のタイトルマッチ!

(C)K-1 / 王者・山崎秀晃 vs 挑戦者・大和哲也

王者・山崎秀晃「時代を超えた新旧K-1の王者対決、過去最高の自分を創る」vs挑戦者・大和哲也「山崎選手と戦って新たな伝説を残したい」

 2月9日(水)都内にて、4月3日(日)に東京・国立代々木競技場第一体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~K’FESTA.5~」の第一弾対戦カード発表記者会見が行なわれた。

 代々木第一体育館は1993年4月30日にK-1が旗揚げした場所であり、新体制となったK-1がこの会場で大会を開催することは悲願だった。昨年も1月に「K’FESTA.4」を代々木第一体育館で開催することを発表していたが、コロナの影響で開催を断念。満を持して、今年の「K’FESTA.5」を同会場で開催することになった。

 そして、この大会に相応しいカードとしてマッチメイクされたのが、今回発表された王者・山崎秀晃vs挑戦者・大和哲也のK-1スーパー・ライト級タイトルマッチだ。このカードを組むのは、会見に同席した中村拓己プロデューサーの悲願でもあった。

 もともと無差別級とヘビー級主体で始まったK-1だが、その後、70kgのK-1 WORLD MAXが始まり、2010年には63kgという軽量級のカテゴリーが作られた。その63kgのトーナメントで優勝を果たしたのが大和だった。しかし、これから軽量級にもスポットが当たるという時期に、旧体制のK-1は活動を休止してしまう。軽量級に希望を抱いていた選手やファンの夢舞台がなくなってしまったのだ。そのため、大和はムエタイの世界チャンピオンになる道を目指すことになる。

 その同時期にKrushのリングで若い力として台頭してきていたのが山崎だった。中村プロデューサー曰く、「KrushをK-1に負けない舞台にするという想いで戦い続けていた」という山崎の想いが叶い、2014年にK-1が現在の新体制で復活する。「僕の中ではあの時のK-1 MAXの63kgの続きが今のK-1の原点になってるんじゃないかなと思っています」と中村プロデューサーが語った通り、現在のK-1の中心を担うのは軽量級だ。山崎は体を張って、新生K-1の中心選手として活躍してきた。

 また、山崎の活躍に引き寄せられるかのように大和もK-1に復帰。そして、一昨年9月のK-1エディオンアリーナ大阪大会で、山崎がK-1スーパー・ライト級王座を戴冠。中村プロデューサーがかつて思い描いていた2人の対戦が、K-1の原点でもあり、大和がトーナメント優勝を飾った代々木第一体育館という記念すべき会場で実現する絶好のタイミングが訪れたのだ。

 今年の6月には武尊vs那須川天心の世紀の一戦が実現することになったが、「僕はこの試合も同じぐらいファンの皆さんに夢を与える試合だと思っています」と、中村プロデューサーが会見中に感極まって涙を見せるほどの想いの詰まったカードが、この二人のタイトルマッチなのだ。

 その想いは戦う当事者の二人も同じだ。チャンピオンの山崎が「試合が終わった後、ファンの皆さん、中村プロデューサーに感動していただける試合をお届けすることを必ずお約束しますので、是非注目していただければと思います」と語れば、大和も「12年前、時期は違うんですけど、自分はある意味伝説のトーナメントを制しました。今年は12年経って、また新たな伝説を山崎選手と試合をして残したいと思います」と語るなど、この一戦に懸ける想いは強い。

「自分がエントリーすら出来ない大会でK-1のチャンピオンになられたのが大和哲也選手で、そこでやっぱりしっかり結果を残す選手で素直にリスペクトと憧れの気持ちがありました」と、大和についてコメントした山崎。だが、現在は自分がチャンピオンだ。「僕の前に立つ以上は残酷なぐらい一瞬で切り落としたいと思います」と、リスペクトを持って大和を叩き潰すことを宣言した。

 試合をするのは昨年の3.21「K’FESTA.4 Day.1」東京ガーデンシアター大会以来、約1年ぶりとなるが、「新旧とはいえK-1のチャンピオン対決として、時代を超えて、僕は過去最高の自分を作って、しっかり叩いていきたいと思います」と力強く初防衛を約束した。

 対する大和も、山崎の戦いぶりはずっと見ていたそうで、「ムエタイに行ってやっていた部分はあるんですけど、K-1に出たいと思ったきっかけはやはり山崎選手の活躍もあった」と、K-1復帰を決断した理由にもなっていたという。その山崎との戦いには、「もちろん選手としての強さも知ってますけど、人としての強さも僕は見てきているので、本当に強い選手だと思っていますし、正直久しぶりに怖い選手と戦う自分がドキドキワクワクすることもあってですね」と武者震い。

「普通のワンマッチで山崎秀晃選手と戦うのではなくて、“チャンピオン”山崎秀晃選手と戦えるということを自分は凄く光栄に思うんで、特別しかない試合ですね」と、特別な想いを持って、山崎のベルトに挑むことを誓っていた。

山崎秀晃
「皆さん、ご無沙汰してます。お待たせしました。山崎秀晃です。今回『K'FESTA.5』でこのようなタイトルマッチを組んでいただけて嬉しく思います。自分はKrushでデビューして、生え抜きでK-1でずっとやってきまして、こうして年に1回のお祭りでタイトルマッチで戦えることを非常に嬉しく思っています。先程、中村プロデューサーからのお言葉もあったように、それを一つ一つ噛み締めて聞いてたんですけど、大和選手が以前にK-1のチャンピオンになられて、自分はKrushで大和選手の活躍を指をくわえて見ていて、悔しさ反面、羨ましさ反面で頑張ってきた部分がありました。

 本当に僕はこのK-1のベルトを目指して上京しまして、それを目指して練習も頑張ってきた中で、こうして中村プロデューサーにチャンピオンベルトを巻いていただいて、実は注目選手として初めて取材していただいたのも、当時記者だった中村さんっていう時代やったんですけどもね。まあ、今、こういうお言葉をいただいた以上に、試合が終わった後、皆さんに、ファンの皆さん、中村プロデューサーに感動していただける試合を、お届けすることを必ずお約束しますので、是非注目していただければと思います。よろしくお願いします。

(お互い同じ時期にファイターとして戦ってきて、どんな目で相手のことを見てきた?)自分がエントリーすら出来ない大会でK-1のチャンピオンになられたのが大和哲也選手で、そこでやっぱりしっかり結果を残す選手で素直にリスペクトと憧れの気持ちがありました。でも、時を経て、僕はK-1 JAPAN GROUPでやっていく中で、KRESTでトレーニングをさせてもらう中で、やっぱり渡辺代表をはじめトレーナーの皆さんにしっかり追い込んでいただく環境で、常に自分に打ち勝って、限界突破して成長してきた自分があります。その皆さんからの助けの結果、こうしてチャンピオンベルトを巻けてるんだと思っております。そこらへんでは大和選手、リスペクトもありますけど、僕の前に立つ以上は残酷なぐらい一瞬で切り落としたいと思います。

(中村プロデューサーも試合への思い入れを語っていたが、この試合に特別な想いはある?)自分も特別な想いしかありませんね。新旧とはいえK-1のチャンピオン対決として、時代を超えて、僕は過去最高の自分を作って、しっかり叩いていきたいと思います」

大和哲也
「こんにちは。愛を知る県、愛知県の日本を元気にするK-1ファイター、大和哲也です。このタイトルマッチのオファーをいただいた時は本当に正直、『いきなりか!』という想いもあったんですが、今回の『K’FESTA』が代々木第一体育館大会というのも、先程の中村プロデューサーからお話ををしていただいたように、自分が12年前にK-1 WORLD MAXトーナメントで優勝した会場でもあり、それから旧K-1が消滅して、自分はK-1で世界を獲って有名になってという夢が途絶えたところで、WBCというボクシングの団体でムエタイ部門が始まって。

 その世界タイトルを獲れば一般層の人にも知ってもられるんじゃないかと思って、自分はムエタイに活路を見出して、しのぎを削って戦ってきました。その時に山崎選手はKrushで、K-1が始まってから活躍されていて、それから月日が経って同じ代々木第一体育館大会で山崎選手のベルトに挑めることを本当に嬉しく思いますし、自分も12年間トップ戦線でやってきたんだなということを思うと同時に、旧K-1が消滅して夢を失ったんですけど、このように新生K-1が復活…というより新たに始まって、継続して大会を進めていただいて、このコロナ禍である中でもこのように大きい大会をやっていただけることを嬉しく思います。

 そして、山崎選手とはですね、かなり前から自分がムエタイルールでやっていて、そちらに行くことはないよっていう状態でいたんですけど、山崎選手のいろいろここまであった試合も見てますし、もちろん選手としての強さも知ってますけど、人としての強さも僕は見てきているので、本当に強い選手だと思っていますし、正直久しぶりに怖い選手と戦う自分がドキドキワクワクすることもあってですね。12年前、時期は違うんですけど、自分はある意味伝説のトーナメントを制しました。今年は12年経って、また新たな伝説を山崎選手と試合をして残したいと思います。

(お互い同じ時期にファイターとして戦ってきて、どんな目で相手のことを見てきた?)本当に新生K-1の立ち上げ当初から見ていましたし、正直、今、山崎選手の話を聞きながら、ムエタイのほうに行ってやっていた部分はあるんですけど、K-1に出たいと思ったきっかけはやはり山崎選手の活躍もあったりして、自分もやってきたので、正直、昔、自分がK-1に出ないっていう時は山崎選手にチャンピオンになってほしいと思っていた時期もありましたし、それぐらい遠目ではあるんですけど、いろんなことを乗り越えてやってきた山崎選手の強さも見てきましたし、普通に強い選手に挑戦するのとはちょっと違う感情があります。

(中村プロデューサーも試合への思い入れを語っていたが、この試合に特別な想いはある?)特別な想いしかないですね。まさかこのタイミングでチャンピオンに挑めるとは思っていなかったですし、こういうオファーをいただいてから考えていたんですけど、普通のワンマッチで山崎秀晃選手と戦うのではなくて、“チャンピオン”山崎秀晃選手と戦えるということを自分は凄く光栄に思うんで、特別しかない試合ですね」

■「K'FESTA.5」4.3(日)代々木 江川優生が1年ぶりの復活!スーパー・フェザー級で大岩龍矢と激突!

(C)K-1 / 江川優生 vs 大岩龍矢

「K-1のスーパー・フェザー級は俺が荒らす」(江川)vs「ただ倒すだけじゃなくて、最高の試合を届けたい」(大岩)

 2月9日(水)都内にて、4月3日(日)に東京・国立代々木競技場第一体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~K’FESTA.5~」の第一弾対戦カード発表記者会見が行なわれた。

 元K-1フェザー級王者・江川優生が昨年3月以来の復帰。大岩龍矢とのスーパーファイトに臨む。この一戦は昨年7月のK-1福岡大会のカードとして決定していたが、江川が欠場。「K'FESTA.5」での仕切り直しが決定した。

 中村拓己プロデューサーは第一声で「一度流れたカードを改めて組んだものではない」とコメント。今年6月に決定した武尊vs那須川天心の一戦から大きな動きを見せるK-1スーパー・フェザー級戦線において、階級を上げてスーパー・フェザー級での戦いに足を踏み入れる江川と、Bigbangで初タイトルを獲得して勢いを増す大岩の一戦は、今後を占う重要な一戦と位置づけている。

 大岩は盟友である武尊が迎える6月のビッグマッチに触れると「すごいことをやってきたふたりが戦うから盛り上がることは間違いない。でもずっと武尊の近くにいてこのままじゃダメだと自分も感じている。最高の試合を見せて感動を与えて(武尊を)超えないといけない。ただ倒すだけじゃなくて、最高の試合を届けたいと思います」と、K-1を背負う選手の一人として、武尊だけに頼らない存在になると宣言した。

 約1年振りの試合となる江川もまた「世紀の一戦が決まった中で、こうして『K’FESTA.5』という大きな舞台で自分のカードを再び組んでもらえて光栄に思います。最高の舞台が整ったので、思う存分殴り合おうという感じ」と、K-1の主役のひとりとしてやる気十分。激動が予告されたスーパー・フェザー級戦線においても「Krushの方は中島(千博)さんが荒らしてくれたので、K-1は俺が荒らしてやろうかな」と、自ら激動を呼び起こす構えを見せた。

江川優生
「K-1ファンの皆様と大岩選手、お待たせして申し訳ありませんでした。世紀の一戦(武尊vs那須川)が決まった中で、こうして『K’FESTA.5』という大きな舞台で自分のカードを再び組んでいただけて、とても光栄に思います。この『K’FESTA.5』で一番ド派手に暴れて、最高の舞台が整ったので、思う存分殴り合おうという感じです。

(久々の試合。スーパー・フェザー級の体の仕上がり具合や、取り組んできた練習を教えて)うちのジムPOWER OF DREAMは基本的に常に厳しい練習を積んできているので、階級を上げたからといって特に変わらず、きつい練習をこなしてきました。

(中村Pからスーパー・フェザー級が動く1年とあった。その中でどうアピールしたい?)
Krushの方はうちの中島(千博)さんが荒らしてくれたので、K-1のほうは俺が荒らしてやろうかなと思っています」

大岩龍矢
「この大きな試合に組まれたことにうれしく思います。今回は本当に勝つだけじゃなくて、最高な試合を見せないといけないと思っていて。中村プロデューサーが(山崎秀晃vs大和哲也の会見で)泣いてましたけど、僕も泣けてきて。僕も武尊と一緒にいることが多いので、武尊の声っていうのは本当にすごくて。でも武尊の近くにいて、このままじゃダメだなと自分も感じています。

 武尊(と那須川)の試合は、すごいことをやってきたふたりが戦うから盛り上がることは間違いないんですけど、自分たちがもっともっとこれから時代を作っていくじゃないですけど、もっとK-1を盛り上げて、最高な試合をお客さんに見せて感動を与えて(武尊を)超えないといけないと思っているので、ただ倒すだけじゃなくて、最高の試合を届けたいと思います。

(初めて(Bigbangの)ベルトを巻いて自分の中で変わったところは)チャンピオンとしての自覚を持つようになりました。対戦相手というよりかは、自分磨きですね。自分磨きをがんばっています。(中村Pからスーパー・フェザー級が動く1年とあった。その中でどうアピールしたい?)試合内容もそうですけど、スーパー・フェザー級大岩龍矢がいないといけないという存在感を残したいです」