「K-1 RING OF VENUS」6.25(土)代々木 第2弾カード発表会見

  • #格闘技
  • #記者会見
  • #格闘技

K-1 JAPAN GROUP

posted2022年4月26日 18時30分

884views

©K-1

「K-1 RING OF VENUS」6.25(土)代々木 K-1初の女子大会のアンバサダーに、美尻トレーナー・岡部友さん&女芸人のゆりやんレトリィバァさんが就任

©K-1

 4月22日(金)都内にて、6月25日(土)国立代々木競技場第二体育館大会で開催される「K-1 WORLD GP 2022~RING OF VENUS~」の第2弾カード発表記者会見が行われた。カード発表に先立ち、今大会の応援アンバサダーとして、フィットネストレーナーの岡部友さんとお笑い芸人のゆりやんレトリィバァさんが就任することが発表された。

 岡部さんはヒップアップを特徴としたトレーニングを提唱し注目を集めているトレーナーで、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」でも取り上げられたことがある。K-1の会場にも何度も来場しており、トロフィープレゼンテーターも務めたことがあった。

 アマチュアのジムからの選手育成に力を入れているK-1 JAPAN GROUPとしても「K-1・格闘技じゃなくてもトレーニングに励んでいる人にもK-1女子の魅力を伝えていただきたい」(中村拓己プロデューサー)という観点から、応援アンバサダーに就任してもらったという。

 K-1や格闘技について「やっぱり自分で自分のことを常に成長させていくスポーツだと思います。そういった意味ではフィットネスやどんなトレーニングとも通ずるところがある」と語った岡部さん。「命懸けであるというところが私もたどり着けない未知の世界」という部分に魅力を感じているようだ。

 普段は女性にトレーニングを指導しているが、今回は女子だけの大会だ。「悩める日本女子全員に女性だけの格闘技を見てもらって、心を強くする、自分ももっとチャレンジしようかなっていう背中を押せるような大会になると思うので、そこを期待しています」と期待を語ると、「女性の皆さんのフィットネスをやっている方の次への挑戦という形で見てほしいなというふうに思います」とトレーナー目線での見どころを語っていた。

 実は岡部さんは先日行われた「K'FESTA.5」のK-1無差別級トーナメントを制したマハムード・サッタリのお尻のトレーニングの指導もしており、その経験から「お尻を鍛えることは骨盤周りを強くしていくんですけど、キックをする時もパンチをする時も、両方とも片足になる動きが多くて、片足のトレーニングは凄く重要」と、お尻のトレーニングの重要性を力説していた。

もう一人の応援アンバサダーはその岡部さんの指導のもと、大幅な減量に成功したゆりやんさんだ。2017年に行われた第1回女芸人No.1決定戦「THE W」や「R-1グランプリ2021」の優勝者であるゆりやんさんだが、中村Pは「ゆりやんさんは初のTHE W優勝者で、今回がK-1初の女子大会。K-1(ケイワン)とR-1(アールワン)ということで共通点というか、通じると思ってアンバサダーに就任していただきました」とオファーを出した理由を明かしていた。

 K-1はこれまで見たことがないというゆりやんさんだが「本当に格闘技を知らない人間としては、同じ女性でトレーニングで体をカッコ良くして、さらに心も体も強いっていうのが非常に魅力的です」と、女性だけの大会に魅力を感じている様子。

 女芸人だけの大会である『THE W』に出場した経験から、「やっぱり女性だけの大会のほうが楽屋もピリついているんですね。なので、今回のK-1の時も皆さんどうなのかなっていう、そういうところ興味深いです」と、女性ならではの視点で大会に興味を持っているようだ。

 また、これまでもK-1ではデヴィ夫人をはじめ、様々な女性タレントがスペシャルラウンドガールを務めてリングに華を添えてきた。そのことを質問されたゆりやんさんは、「中村さんが許してくださるのであれば(笑)」とやる気満々。中村プロデューサーも「これほど光栄なことはないので、オファーしたいと思います!」と返答していたが、こちらの動向も気になるところだ。