万波中正選手(北海道日本ハム)9月・10月度「スカパー! サヨナラ賞」受賞!

  • #ファイターズ

Shuhei.N.

posted2023年10月26日 12時28分

1325views

プロ野球を盛り上げるべく、2012年からセントラル、パシフィック両リーグが制定する月間「スカパー! サヨナラ賞」!月間を通じて最もインパクトのあるサヨナラ打を放った選手を両リーグから1人ずつ選出し、トロフィーと賞金が贈られます。

10月25日(水)、月間「スカパー! サヨナラ賞」9・10月度の受賞選手に、パ・リーグは万波中正選手(北海道日本ハムファイターズ)セ・リーグは門脇誠選手(読売ジャイアンツ)が発表され、各会場で表彰式が行われました。

≪受賞選手コメント≫

◆万波中正選手(北海道日本ハムファイターズ)
色々なプレーがある中、選んでいただき嬉しく思います。自分自身プロ入り後、初めてのサヨナラがこういった賞をいただけて光栄です。あの日は先頭打者ホームランを打って、その後試合が動かなかったので、あわよくば自分が決められたらいいなと思っていたことが実現して、驚きと喜びと不思議な気持ちでした。賞金の使い道…、頻繁にタクシーに乗ろうかなと思います(笑)。

◆門脇誠選手(読売ジャイアンツ)
自分自身でもこれだけ試合に出て活躍できると思ってなかったので、このような勝利に繋がる1打を打つことが出来て、本当に嬉しく思います。サヨナラの試合は結構あったのですが、自分が決める側というのは初めてだったので、変な感覚というか「これがずっとテレビで見てたあれなんだなぁ」と感じました。賞金は、自分のご褒美に何か買うか、親に何か買おうかと思います。

≪受賞プレー概要≫

パシフィック・リーグ 万波中正選手(北海道日本ハムファイターズ)
初受賞 万波選手は、9月16日(土)エスコンフィールドで行われた対福岡ソフトバンクホークス21回戦、1対1の同点で迎えた9回裏、一死一塁の場面で、左翼席へ劇的なサヨナラ2点本塁打を放った。 北海道日本ハムはこの試合、1回裏に万波選手の先頭打者本塁打で先制に成功する。投げては、先発・加藤貴投手が7回1失点の好投を披露すると、リリーフの池田投手が8回、河野投手が9回をそれぞれ三者凡退に抑え、9回裏の攻撃に繋げた。 1対1の同点で迎えた9回裏、日本ハム打線は福岡ソフトバンクの絶対的守護神・オスナ投手と対峙する。一死から五十幡選手がセーフティバントを決め出塁すると、この日初回先頭打者本塁打を放っている万波選手が打席に入る。初球、内角の厳しいコースの直球を見事に捉えると、打球は左翼席上段へと飛び込む劇的なサヨナラ2点本塁打となった。同一試合に初回先頭打者本塁打とサヨナラ本塁打を記録したのは、93年10月13日ヤクルト戦のA.パウエル選手(中日)以来30年ぶり2人目、パシフィック・リーグでは史上初の快挙。高卒5年目の若き主砲が野球史に名を刻んだ。 万波選手はスカパー! サヨナラ賞初受賞となる。


セントラル・リーグ 門脇誠選手(読売ジャイアンツ)
初受賞 門脇選手は、9月17日(日)東京ドームで行われた対東京ヤクルトスワローズ23回戦、2対2の同点で迎えた9回裏、二死一、二塁の場面で、中前へ劇的なサヨナラ安打を放った。 読売は4回表にD.サンタナ選手に本塁打を浴び、先制を許すも、先発・Y.メンデス投手が6回1失点の好投を見せる。好投に応えたい打線は6回裏に丸選手、岡本選手の本塁打が飛び出し、逆転に成功。1点のリードを保ったまま、9回表は守護神・大勢投手がマウンドにあがったが、中村選手の犠飛により同点に追いつかれてしまう。 2対2の同点で迎えた9回裏、先頭の岡田選手が安打を放ち出塁すると、その後犠打と丸選手の敬遠などで二死一、二塁の好機を迎える。サヨナラ勝利を期待するファンの機運が高まる中、打席にはここまで無安打の門脇選手が向かった。東京ヤクルト・清水投手に対し、追い込まれた後も粘りを見せ、迎えた10球目。鋭くはじき返した打球は二塁手の横を抜け、二塁走者が激走でホームイン。シーズン終盤は二番打者としてスタメンに定着し、活躍を見せた若武者のプロ入り初となる劇的なサヨナラ安打となった。 門脇選手はスカパー! サヨナラ賞初受賞となる。

■月間「スカパー! サヨナラ賞」とは

月間「スカパー! サヨナラ賞」は、月間を通じて最もインパクトのあるサヨナラ打等を放った選手に贈られる賞として2012年に制定されました。スカパー! は、2006年シーズンから「プロ野球セ・パ両リーグ公式戦全試合、プレイボールからゲームセットまで放送」(※トップ&リレー、録画放送を含む)を掲げており、「試合終了最後の1球まで真剣勝負をお届けするスカパー! 」から多くのファンに、プロ野球中継最大の魅力を伝えることができ、それがプロ野球界発展の一助となると考え、本賞へ協賛しています。また、同様の趣旨のもと2009年シーズンから、レギュラーシーズンを通じて最も劇的なサヨナラ本塁打、またはサヨナラ安打等を放った選手に贈られる賞として「スカパー! ドラマティック・サヨナラ賞 年間大賞」を制定しています。